ニキビ跡などのコンプレックス改善【クレーターをこんにゃく肌に】

美容

レーザーでクマ除去

女性

目の下に茶色っぽいクマができている場合、それは色素沈着によるものである可能性が高いです。日光には人体に害がある紫外線が含まれているため、強い日差しを感じると、人間の皮膚細胞の中でメラニン色素が生成されます。メラニン色素のバリア機能によって、有害な紫外線が体の奥深くに侵入することを阻止できるようになっているのです。通常であれば、生成されたメラニン色素は肌のターンオーバーによって体外に排出されていきます。でも、何らかの原因によって肌のターンオーバーリズムが狂ってしまうと、メラニン色素が排出されずにそのまま蓄積されてしまいます。肌に溜め込まれたメラニンが色素沈着を起こし、目の下の茶色いクマを作ってしまうことがよくあります。一昔前までは美白効果のある外用薬を用いた治療が一般的になっていました。でも、現在では医療レーザーでクマの色素を分解する治療が行われるようになっています。美白クリームの塗布よりもレーザー治療の方がクマの症状を早く改善することができるため、多くの人がレーザー治療を受けています。

クマの種類によってはレーザー治療では治せない場合があります。たとえば加齢が原因で目の下の皮膚がたるんでしまい、そのたるんだ皮膚が作り出す黒い影がクマになってしまっている場合、その症状を茶グマの治療と同じ方法で治すことはできません。症状が発生している原因が異なっていれば、それを改善するための治療方法も変わってくるのが当然です。しかし、どのような原因で生じたクマであるのかに関係なく、今後のクマ治療は、より人体に対する侵襲が少ない方法へ変わっていくだろうと考えられています。現在ほど美容外科分野の治療が進歩していなかった時代には、とりあえずメスを用いて問題解決を図るという方法が中心になっていました。しかし、今後はメスを用いる治療が減っていくだろうと予想されています。